FXをはじめたきっかけ。

大学を卒業してからというもの、サラリーマンとしてコツコツと、ただ真面目に働いてきたつもりです。余計な出費は控え、節約につぐ節約。使わないお金は出来るだけ預金に回すようにしていました。将来に備えておきたいっていう思いがあったからです。別に起業を考えているわけでもなかったのですが、会社がいつ倒産するか、また整理解雇されるかも分かりませんから、老後に備えておくことで、安心感があるように思えてなりませんでした。でも、今の時代はただ単に預けたままだったら金利も殆ど付かないですし、自分自身で運用する事によって、大事な資産を増やせる可能性があります。

だからこそ、FXを始めたいなぁ・・と考えたのです。でも一介の初心者に過ぎませんから、どうすればいいのか、どのように始めたらよいのか分からない。まずは、FXを始めた方の体験談等を読んでみる事にしました。計画的にいくかどうかは分かりませんが、しっかり運用する事で増やす事が出来たら、いざという時に備える事だって出来るはず。人に出来て、自分に出来ないはずはないと思いました。そう考えてから、行動に踏み出すまでは早かったですね。個人的に気をつけた点といえば、1つ目がレバレッジを10倍までにしておく事です。FXにはリスクがつきものですから、損が拡大するのを防ごうと考えたからです。2点目が、いくら儲かったとしても、余裕資金以外は使わないと決めた事です。投資と同じだと思いますので、得をする事もあれば、損をする事があるでしょう。「もっと儲かるかもしれない・・」と欲を出しすぎて、全財産を突っ込んでしまうと、万が一の場合大きなリスクを背負ってしまう可能性だって否定出来ませんよね。

全てにおいて、自己責任の原則が貫かれるのがFXだと思っていますので、資産を失うも増やすも、結果責任は自分が被らなければいけない。どれだけアツくなったとしても、余裕資金以外は使わない。何故なら、生活出来なくなるから。そう決めたので、心が楽になったように感じます。例え損が出たとしても、十分想定が出来る範囲内に収まるはずだからです。自分で決めて、自分の責任で始めるものだからこそ、何より「楽しむ」事のほうが重要だと私は思います。お金儲けという考え方よりも、気軽に資産を運用すると考えたほうが良いかもしれません。そうすればきっと、FXを始める人が増えてくるでしょうね。いつの日か、老若男女あらゆる世代の人々が、まるで預金をする感覚で信頼出来る業者に相談した上で、FXを楽しめる日が来ればいいな・・と願わずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*