Menu

わきががなぜ臭いのか説明します

私たち人間が持って生まれてくる感覚の一つに嗅覚があります。職場や学校など、日常生活の中で人間関係を築いていくうえで大切な事として、エチケットとして臭いに気を使っている人も少なくないでしょう。生活習慣や食生活等で体臭は変化するとも言われていますが、この体臭とは異なるものがわきがです。わきがは、皮下脂肪の中にあるアポクリン腺から発生する汗の量が多い「わきが体質」といわれる人が発症します。また、アポクリン腺の数が多いことも「わきが体質」の特徴の一つです。アポクリン腺から分泌される汗自体に臭いはありませんが、汗が皮膚上に分泌され、皮膚の常在菌により汗に含まれるたんぱく質や糖質などが分解されることで独特なツーンとした臭いが発生します。また、皮脂と混ざると臭いは一層強くなります。

わきがの臭いの要因にはどのようなものがあるか

わきがの要因には、遺伝・性ホルモンの作用・生活習慣があります。まず、遺伝によるものについてです。わきがになりやすいというわきが体質は、優性遺伝である為、親から遺伝しやすいという特徴があります。片親がわきが体質の場合は50%、両親ともにわきが体質の場合は80%の確立で遺伝すると言われています。次に、性ホルモンの作用によるものについてです。わきが特有の臭いが気になり始める時期には、小学校高学年から高校生になる頃が多く挙げられます。この時期は第二次性徴期、いわゆる思春期です。思春期はホルモンバランスが大きく変化します。その変化がアポクリン腺を刺激し、汗の量を増やすことで臭いが発生します。最後に生活習慣によるものについてです。肉中心の食生活や疲労・ストレス、過度の飲酒・喫煙、肥満、汗をかく習慣がないなどの生活習慣がある人はわきがの臭いが強くなると言われています。

わきがのセルフチェックと臭いを抑える為の対策

汗を沢山かいたときに臭うもわっとした臭いとは違う、ツーンとした強烈な臭いがあるわきがですが、本人が自覚していないことも多くあります。家族や親しい友人に聞いてみることもわきがに気が付く一つの方法ですが、なかなか聞きづらいと思います。そこで、セルフチェック出来る項目を4つご紹介します。脇から独特の臭いがする・耳垢が湿っている・汗で衣服に黄色い染みができる・腋毛に白い粉が付着する、です。項目に当てはまったり、臭いが気になる際には臭いを抑える対策を行いたいですね。わきがの臭いには、汗と臭い菌の増殖の深い関わりがあります。臭い菌は時間が経つほど増殖を続けます。こまめにシャワーを浴びたり、汗をこまめに拭くなどして常に体を清潔に保ち、細菌の増殖を出来るだけ抑えましょう。自分も他人もお互いが気持ちよく過ごせるように早期に発見し対策していくことが大切なのではないでしょうか。

10年以上の経験を持つ経験豊富な医師が、最初から最後まで親身になって治療いたします。 再発の心配がほとんど無い治療が好評です。 一人で悩まずご相談ください。 時間をかけて治療を行うため、手術は1日5名しか受け付けません。 わきがでお悩みの方、私たちにご相談ください。ご予約はお電話で承ります。 入院すること無く、治療をすることが可能です。 わきの下に沢山汗をかく方は医師に相談しましょう。 わきがの治療の事ならAYC銀座整形外科がおすすめです!